ヤマト単身パック

節約編

 

基本的に梱包資材を無料でもらえる分はもらっておくほうがあとで困りません。

 

足りない場合は困りますが、余った分は搬出時に引き取ってもらえます。

 

まずは、使わないものから梱包していき、重いものは小さめの箱を利用してしっかりと中身をマジックなどで書いておくことです。

 

食器は予算の余裕がある場合は、業者に梱包してもらうほうが安全で、引越し後のゴミも抑えることができます。

 

専用のケースを用意している業者もあるのでそのようなところでは、ケースの返却時にダンボールの処分も行なってくれる場合もあります。

 

引越し先によっては、ダンボールの処分に時間がかかる地域もあるので、時間に余裕がある場合は早めに梱包を解いて
なるべくダンボールを引き取ってもらうといいでしょう。

 

 

 

学生であれば、生協割引がある。

 

そして、ネット割引、早割を組み合わせて、かなり安く引っ越しができた。

 

先に割引情報を調べれば、5〜6千円安くなる可能性がある。

 

実家に自分の家電家具はいらないだろうと思い、友達にあげたり、処分してしまったが、あとからあったら使ったのにと言われた。

 

また、大家さんから、自転車や物干しざおはそのままおいて言ってよいと言われたので、リサイクル料金の節約になったし、荷物を減らせた。

 

先に、家族や大家さんに残してもよいものがあるか、何が必要か不必要か聞けば、ごみも減らせるし、有効活用できると思う。

 

面倒だが、必ず、何が入っているかはこの表と側面に記載すること。

 

壊れやすいものは衣服の間に挟んでおくこと。

 

関連ページ

段取編
クロネコヤマトの単身パックを、最大半額まで安くする方法はこちら!たった5分で出来る無料の裏技です。