ヤマト単身パック

ヤマト単身パック契約者による引っ越しノウハウ

 

ヤマト単身パックを利用人に聞いた引っ越しで気をつけるポイント!

 

ヤマト単身パック契約者による引っ越しノウハウ

 

 

荷物を入れる段ボールには、大きく誰の荷物が入っているのか、そしてその荷物が一体どんなものなのかを、太字で目立つように記入しますが、行き先の家の見取り図が手に入っているのであれば、荷物がのど部屋に運ばれるべきであるのかも、目立つように記入、もしくは、色分けしていると、とても便利です。

 

 

洗濯機だけは、苦労しました。

 

洗濯機を洗面所に運び込むのに、洗面所の入り口の幅がせまく、大変そうでしたが、何とか無事入りました。

 

洗面所の入り口の幅と、洗濯機の幅はよく調べるべきです。

 

 

どこにどのものを置くかを最初からイメージしておかないと、

 

あとからまた荷物を移動させないといけないハメになってしまうため、

 

二度手間を防ぐためにも引っ越し前よりも引っ越し後のことをより考えたほうがいいと思います。

 

 

引っ越しは新居の間取りを考えながら、自分がインテリアデザイナーになった気分

 

家財道具を運ぶと、後々物の置き場に困るという事はなくなります。

 

 

引っ越しの当日まで使う予定がある物と、しばらくは使う予定がない物を分けて段ボールに入れていく。

 

書籍関係は重いので1つの段ボールに詰め込まない。

 

 

当たり前のことですが、段ボールに荷物を入れたとき、段ボールの側面などに何を入れたかを書きます。

 

それにくわえて、ジャンルでわけるのではなく、使う頻度で分けるほうがいいとおもいます。

 

トラブルで段ボールが届くのが遅かったりすることもあるので、まずよく使うものは優先的に届けてもらうことができます。

 

 

荷物でわかりにくくなりそうなものは透明?半透明のゴミ袋に入れて判別をつけるようにする。

 

エアコンを設置してもらう時、一緒にゴミ避けのシートを付けてもらう。

 

荷物の中でもこれはまず優先的に開けなくてはいけないものはダンボールに赤いペンなどでわかり易く色をつけておく。

関連ページ

女性の引っ越しノウハウ(ヤマト単身パック利用者)
クロネコヤマトの単身パックを、最大半額まで安くする方法はこちら!たった5分で出来る無料の裏技です。
男性の引っ越しノウハウ(ヤマト単身パック利用者)
クロネコヤマトの単身パックを、最大半額まで安くする方法はこちら!たった5分で出来る無料の裏技です。