ヤマト単身パック

住みたくない街の特徴

 

住みたくない街の特徴

 

 

 

住みたくない街の特徴

 

 

学生時代、ヤマト単身パックを利用して都会に住んだことがありますが、できれば、東京や大阪などの大都会には暮らしたくないです。

 

何でもあって便利なのはすごく魅力ですが、どこに行っても人混みばかりで落ち着かないイメージがあるし、買い物もし放題なので無駄遣いばかりしてしまいそうだからです。

 

また、寒いところはできれば避けたいです。雪国の雪かきなどをニュースで見ていると大変そうだし、妻が病気がちなので心配なのと、私自身も寒がりなので…。子どもいつでも雪遊びができるし体も丈夫になりそうですが…。

 

 

 

 

住めば都ということもあるので、特に住みたくないというつよい条件はないのですが

 

あえて条件を付けるとすれば、夏が暑いところには住めないと思います。

 

暑さがきついところに今まで住んだことがないので、特に食文化、暑い時期の食材の管理等の違いについていけないような思いがあるからです。

 

また、交通の便が車だけに限定などの場所だと、緊急時に困ることもあると思うので、バスや電車などの移動手段がないような場所には住みにくいと感じます。

 

 

 

 

スーパーが1軒しかない。

 

(しかも商品が高い)

 

車しか移動手段がない。

 

公共交通機関の種類が少なく、そのうえダイヤが少ない。ちょっと不便だろうと思う。

 

あぜ道が多く、道路が整備されていない。自分が落ちたら笑えるけれども、ちょっと危ない。

 

最寄駅から遠い。

 

とりあえず、車しか頼るものがないという状態は自分自身にもしものことがあったりすると少し不安な感じがする。

 

保育園、小学校、中学校が遠い。子供の登下校を考えるとなるべく近くに学校があった方がよいと思う。変質者が多いので不安。

 

 

住みたくない街の特徴

 

 

「気の流れ」が悪い場所です。

 

例えば、人ごみや、治安が悪い場所は、もれなく気の流れが悪いことが多いです。

 

気の流れが悪いと、自分自身の体調やメンタルの部分にも現れてきますし、そういった場所には嫌なものが集まることが多いです

 

横浜も、そこまで酷くはないのですが、やはり気の流れという部分を考えると、いいとは言えない状態です。

 

それでも、新宿や川崎あたりよりは、まだ町並みが綺麗で住みやすいとは感じています。

 

 

関連ページ

ヤマト単身パックで田舎から上京してきた人の話
クロネコヤマトの単身パックを、最大半額まで安くする方法はこちら!たった5分で出来る無料の裏技です。